勃起の仕組み

男性は性行為を行うとき、ペニスを勃起させることで射精させることができます。

男性は性的刺激を感じると、脳が中枢神経を通しペニスへ勃起の指令を出します。

このとき、体内では勃起をさせようとペニスへ多量の血液を送る準備をします。

体内物質の一酸化窒素が血管を拡張させるために活発に活動を開始します。

それと当時に体内物質のサイクリックGMPが血流を促進させ、ペニスに多量の血液を送り込みます。

ペニスに送り込まれた血液は、スポンジ状の海綿体に行き渡り、海綿体がパンパンに膨れ上がります。

これが勃起です。パンパンに膨れ上がった海綿体により、ペニスから体内に血液も戻す静脈が圧迫されることで塞がり勃起を維持します。

勃起抑制酵素のはたらき

生物の体内には酵素があります。酵素は生きていく上で必要な物質で、食べた食物をエネルギーにしたり、代謝を促進させたりし、身体を正常に保つ働きを行います。

しかし、その酵素の中には勃起をすると血流が変わるため、それを異常と判断し、勃起を抑制する酵素があります。

それがPDE5酵素です。PDE5酵素は血管の平滑筋に存在しており、ペニスや目の周囲に多い酵素です。

ペニスへの血流の変化をキャッチすると、PDE5酵素は血流を良くするサイクリックGMPを分解させ、勃起を抑制させようとします。

正常な男性の場合はサイクリックGMPのはたらきのほうが強いため勃起を維持させることができますが、動脈硬化などにより血管が拡がらないと、血流も上がらなくなるため、サイクリックGMPの活動よりPDE5酵素のはたらきが勝つことで、勃起に至らずEDとなってしまいます。

ED治療薬のはたらき

ED治療薬は精力剤や媚薬、興奮剤のように体の英気を養うものではありません。

また勃起薬のように勝手に勃起するものでもありません。

ED治療薬は勃起抑制酵素であるPDE5酵素のはたらきを阻害するお薬です。

性行為前に服用することで、勃起抑制酵素であるPDE5の働きを阻害させることでサイクリックGMPの働きを強めます。

また、血管拡張作用により、血管を広げることでサイクリックGMPが活性化し勃起の十分な血液をペニスに送り込む準備をします。

あとは性的刺激を脳が感じ、指令を出せば勃起へと誘います。

このように、ED治療薬はPDE5酵素阻害薬であり、性的刺激を受けなければ勃起はしないので媚薬や興奮剤ではありません。

このページの先頭へ