病院で処方してもらう

日本ではバイアグラ「25㎎」「50㎎」が認可されいるため、日本国内で購入することができます。

しかし、薬局やドラッグストアなどの店頭には並んでおりません。

店頭に並ぶ医薬品は第一類、第二類、第三類医薬品に該当するものとなっており、第一類では薬剤師の書面での説明、第二、第三では薬剤師若しくは登録販売者が販売することが可能です。

バイアグラはいずれの医薬品でもなく、病院で医師により処方しれもらう処方箋医薬品となっております。

そのため、薬局やドラッグストアで購入する場合は、処方箋取扱いのある薬局などとなります。

通常、処方箋医薬品の場合、保険適用を受けることができますが、バイアグラやED治療薬はその保険点数を決定しる薬価基準に未収載のため保険適用外の医薬品扱いとなりなす。

ある程度メーカーからの価格調整があるため、病院やクリニックごとに錠剤価格の差はあまりないですが、治療費や診察代なども自由診療扱いとなるため、トータルコストの差が病院ごとに大きく違うことを考えておきましょう。

今後継続的に通うことになるかもしれない病院となりますので、交通費や通いやすさも考えることが重要です。

個人輸入代理サイトを使用し購入する

バイアグラは処方箋医薬品のため、国内品は医師による処方箋が必要となってきます。

しかし、海外のバイアグラはその類ではなく、個人輸入として購入することが可能です。

輸入には日本語と日本の商慣習で取引できる個人輸入代理サイトがよいでしょう。

個人輸入には法律があり、処方箋医薬品の購入の場合、使用1か月未満の量であり、自分が使用する目的のもでないと違法となってしまいます。

そのため、家族や友人に販売だけでなく譲渡することもできませんので注意しましょう。

以前は偽物が横行しておりましたが、現在は正規保障するサイトやメールで問い合わせできるサイトなど安心して購入できるサイトも増えつつあります。

そのため、海外品で安く購入ができ、自宅で購入でき、自宅まで届けてくれるため利用者も合わせて増えつつあります。

併用することで効率よく治療しよう

病院で処方してもらうことで専門医による安心感があります。

しかし、個人輸入をするほうがお薬代や安く、自宅で手軽に購入できます。

他の病気を併発している方には治療費はとても負担がかかることだと思います。

そのためどちらかを選ぶのではなく、定期的に結果を確認できるクリニックに行きつつ、薬品代などを輸入することで、身体にも財布にも優しくなるのではないでしょうか。

このページの先頭へ