バイアグラ誕生までのED治療

バイアグラ誕生までのEDの治療では、根本的に治療できるお薬がなかったため、手術をするか、それともあきらめるかの両極端の選択となっておりました。

まず、EDという病気が世間的に認知されていなかったので病院へ行くハードルも高く、EDという言葉ではなくインポテンスという言葉のマイナスな感じも病院へ行きづらい環境をつくっていたと思います。

病院での診察は問診後、簡易検査の結果などで判断もします。

簡易検査では、AVを鑑賞してもらい、そのときの反応をみるものや、就寝時にペニスに機械を取り付け、就寝時の勃起の有無を測定するものなどアナログ的なことで簡易検査をおこなっておりました。

その後検査結果を経て、ペニスへ直接注射し強制勃起させる方法や手術でペニス内部に装置を埋め込む方法を行うかどうするかとなっていました。

現在でも手術や直接注射などはありますが、ED治療薬であるバイアグラの誕生で、あくまでED治療薬が効果のなかったときの最終手段となりました。

夢の薬バイアグラ

1998年、アメリカのファイザー社が研究・開発し誕生したのがバイアグラです。

世界で初めてのED治療薬でありED治療薬というカテゴリーを作ったのがバイアグラです。

バイアグラ誕生までは根本的な治療薬というのが存在しなかったため、発売当時は「夢の薬」として世界中に瞬く間に広がりました。

日本でもテレビや週刊誌で話題になり、使用したことはないが名前は知っているお薬として話題になりました。

日本では翌年の1999年に厚生労働省より処方箋医薬品として認可され、病院やクリニックで処方できるお薬となりました。

この翌年にスピード認可となった背景は、個人輸入で購入した患者が、使用方法を守らず使用したことによる重篤な副作用の事例がおこったことにより、スピード認可となったと言われております。

当時はインターネットの普及率も低く、正確な情報を入手できず使用してしまったことが、重篤な副作用へとつながったのではないでしょうか。

偶然の産物であったバイアグラ

バイアグラはもともと狭心症のお薬として研究・開発が進められていました。

しかし、治験段階で思ったような結果を出すことができなかったため、治験を終了するために治験者から治験薬である研究段階のバイアグラの返却を求めたところ、治験者たちはバイアグラの返却を拒みました。

不思議に思った研究者は治験者に理由を尋ねたところ、勃起の効果があることがわかり、その後の研究をED治療薬として研究を続けました。

そして誕生したのがED治療薬であるバイアグラでした。

このページの先頭へ