服用方法

バイアグラは水またはぬるま湯などで性行為30分~1時間前に服用してください。

服用後、副作用である顔のほてりや目の充血を感じたら効果を発揮し始めた合図となります。

作用時間は4時間~10時間ほどとなっております。

バイアグラには「25㎎」「50㎎」「100㎎」の種類があり、数字が大きいほうが有効成分の含量が多いため強く作用します。

そのため作用時間も長くなりますが、副作用も強く感じるため、慣れるまでは「25㎎」の服用から始めましょう。

服用回数は1日1回までとし、次回の服用まで24時間の間隔を空けて服用しましょう。

有効成分シルデナフィル

バイアグラの有効成分はシルデナフィルと呼ばれる物質でED治療薬以外にも肺動脈性肺高血圧症の治療薬でもあり、レバチオという名称で使用されております。

服用するにはクエン酸塩の形態で経口服用するものが多く、バイアグラもクエン酸塩での経口服用です。

ED治療薬にはPDE5阻害薬という名称もあり、血管の平滑筋などに存在するPDE5を阻害し働きを抑制させる効果があります。

これにより、PDE5に分解されてしまうサイクリックGMPが分解されず活性化することで血流を促進し、一酸化窒素を作動する神経にも作用し血管を拡張させます。

これによりペニスを勃起させる準備を行い、性的刺激を受けることで勃起に誘います。

食事に注意!バイアグラ

バイアグラを服用する際は胃袋を空っぽの状態の空腹でないと、バイアグラの夢の薬効果を十分に発揮できません。

それは、バイアグラの有効成分シルデナフィルが油を弱点としているためです。

食事に含まれる脂肪は、胃や腸の壁に油膜を貼ってしまいます。

バイアグラはこの油膜を通過することができないため、体内に吸収されず、そのまま体外へ排出してしまうのです。

よく、バイアグラを服用したけど効果なかったという言葉を耳にします。

それは、食事をしてしまった後や効果を発揮する前に食事をしてしまったことが原因がほとんどです。

服用時も牛乳などの脂肪分の多い飲み物で服用しても効果は半減してしまいますので、必ず空腹時に服用し、効果を感じた後に食事をしましょう。

ED治療薬のED改善率とは

ED治療薬のED改善率はおよそ80%ほどですが、症状によって改善率も変化します。

糖尿病患者と被糖尿病患者とでは糖尿病患者の改善率は50%ほどとなってしまいます。

しかし、有効成分の含量を調節することで改善率を変化することもできます。

ただ、ED治療薬は勃起をすることは可能になるかもしれませんが、根本的な糖尿病などを改善させる効果はありませんので、糖尿病を改善させることが一番のEDの治療となります。

これはそのほかの病気を併発している方にもいえることで、バイアグラに頼りすぎず、病気の改善がED改善への道となります。

このページの先頭へ